成績が伸び悩んでいる方へ

>

成績を上げるオススメの方法

手を広げすぎない

成績が上がっていく方法、その一つは、すごく簡単なことです。

それは、「あれこれ手を広げず、数少ない教科に集中して勉強をする」ということです。
どの教科もいい点数をまんべんなく取れるのが理想的です。
しかし、そんなことが出来る人は、ほんの一握りですし、正直不慣れな人がやることではありません。

なので、取り敢えずは自分が苦手だと思っている教科や前回のテストで点数が悪かった教科など1~2科目ほどにしぼってピンポイントで勉強した方が効果が高く出ます。
確かに、それだけだと集中力も続きますし、負担も軽くなりますよね。
その反対に、なんでもかんでもやるのは、気が散ってしまい、かえって逆効果になってしまうので要注意です。

暗記が大切

もう一つの方法は、「暗記が必須の教科をメインに勉強していく」ということです。

例えば、数学の方程式や英語の文法だと、とにかく慣れるまでそして体にその方法が身につくまで勉強しないと、テストでもいい点数が取ることはほぼほぼ不可能です。

しかし、暗記がメインのものはとにかく覚えてしまえばこっちのものです。
意外かもしれませんが、テストには暗記ものがとにかく多いです。
漢字の読みや歴史上の人物の名前、そして英単語や記号の名前などは暗記がものを言います。
そして、それらの暗記してなんぼのものをクリアするのと、方程式などをマスターするのとでは、明らかに前者の方がハードルが低めです。
そこを乗り越えると、成績もあっと言う間に上昇していきます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る